<中間の庭>

 

 2017年以降の作品に「中間の庭」という題名をつけています。この題名は、日常的な記憶やその断片、そして作品制作に関係があります。

 

 絵画の制作において色を重ねるということは、記憶を重ねることに似ています。新たな出来事はその瞬間過去になり、それらは時の経過とともに、断片化・抽象化・流動化していきます。これが私にとっての記憶というもののイメージです。記憶が自身を証明するものだとすれば、新たな出来事とは、それまでの自身の中にはない異物との遭遇に他なりません。外部との接触によって記憶を拡張する、その連続が私たちの営みであるように考えます。「今」とは、未来であり過去でもあります。あるいはそのどちらでもない「中間」地点、過去と未来を結ぶ媒質としてあります。絵画もまた、透明な媒質に包まれた顔料が重ねられ、奥行きは、実際には存在しない透明な面を通して感得されます。絵画の前線は、常にこの二重の中間地点にあります。各層のイメージは光によって前線に伝えられ、その過程でさらに断片化・抽象化される。そして、存在しない透明な面を通して距離を作り出す。絵画のこの構造に惹かれて制作しています。

 

 日常の出来事、毎日通る道の少し気になるものの形、ルーチーン、そのような記憶が制作に影響を与え、あるいはそのままモチーフになります。庭は、私にとって日常的な場所であり、大切な場所です。抽象化された記憶の象徴のようにも感じています。記憶の中のイメージの断片をつなぎ合わせ、解体し、さらに構成する。この過程の間断ない積層が私の絵画制作です。また、私の制作する絵画、ドローイング、コラージュ、オブジェはそれぞれが互いに影響関係にあります。それぞれが相互の過程であり、様々な「中間」を多元的に示しています。私にとって「中間」とは、過去と未来の中間、層と層の狭間、奥行きの距離、過程、顔料を包んでいるメディウム、そしてメディウムとしての絵画そのものをさしています。それが「中間の庭」という題名の由来です。

 

<Garden of Medium>

 

  The title “Garden of Medium” is given to the works after 2017. This title has to do with everyday memories, fragments of them, and production of my works.

  Overlaying colors in painting production is like accumulating memories. New events become the past in the moment, and they will become fragmented, abstracted and fluidized over time. For me, this is an image of memory. If self-proof is based on memory, then a new event is an encounter with a foreign object outside of me before. Expanding memory by contact with the outside, I think, the continuation of that is our business.“Now” is the future and the past. Or it is an “intermediate” point that is neither, and a medium that connects the past and the future.The picture is covered with a pigment wrapped in a transparent medium. Depth is perceived through a transparent surface that does not actually exist. The front of the painting is always at this halfway point. The image of each layer is transmitted to the front by light and is further fragmented and abstracted in the process, and creating distance through a transparent surface that does not exist. I am interested in this structure of painting.

 

  Everyday events, shapes of everyday places, routines,  such memories can affect production or become a motif directly. The garden is an everyday place for me and an important place. I feel like this garden is an abstract symbol of memory. The pieces of the image in the memory are connected, disassembled, and composed. This uninterrupted layering process is my painting . Also, my paintings, drawings, collages and objects have an influence on each other. Each is a mutual process, showing various intermediates points in a pluralistic manner. In other words, for me, “intermediate” is the medium between the past and the future, between layers, the distance of depth, the process, the medium wrapping the pigment, and the painting itself as a medium. That is the origin of the title “Garden of Medium”.